[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

お酒

ソフトドリンク

目的・内容別

Q どうしてビールの大びんは633mlなんですか?

A

1944年(昭和19年)8月に、当時の各ビールメーカーで使用していた大びんのうち、もっとも容量が小さかった三合五勺一才(さんごうごしゃくいっさい=3.51合=633.168ml)に統一されたからです。

きっかけは、1940年(昭和15年)3月に、酒税法が新しく制定されたこと。それまでビールに課せられていたビール税(造石税=生産量に応じて課される税金)と、物品税(庫出税=出荷される数量に応じて課される税金)は、ビール税(庫出税=ビールの出荷される数量に応じて課される税金)に一本化されました。そこで、ビールびんの容量を統一しようということから、各ビールメーカーの大びんを調べたところ、もっとも大きいものが三合五勺七才、もっとも小さいものが三合五勺一才でした。このとき、より大きいびんも使うことができるという理由から、もっとも小さいびんに統一され、633mlになったというわけです。
なお、小びんも同じような理由で334mlと定められています。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたでしょうか?

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。回答をご希望の方は、キリングループお問合わせ一覧よりお問合わせをお願いいたします。

  • 250文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。

キリングループお問い合わせ一覧

  • 電話お問い合わせ先一覧
  • メールお問い合わせ先一覧

キリングループお問い合わせ一覧 キリングループお問い合わせ一覧

受付時間
9:00~17:00 (土日祝日除く)

ビール・発泡酒・新ジャンル・チューハイ・ウイスキーなどに関するお問い合わせ

キリンビールお客様相談室
フリーダイアル 0120-111-560
お問い合わせ
フォーム

ワイン・梅酒・焼酎などに
関するお問い合わせ

メルシャンお客様相談室
フリーダイアル 0120-676-757
お問い合わせ
フォーム

ソフトドリンクに
関するお問い合わせ

キリンビバレッジお客様相談室
フリーダイアル 0120-595-955
お問い合わせ
フォーム

企業活動に
関するお問い合わせ

キリンお客様相談室
フリーダイアル 0120-770-502
お問い合わせ
フォーム
  • お客様からいただきましたお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただいております。
  • 内容を正確にうけたまわるため、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。

お手紙でのお問い合わせ

〒164­-0001 
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
○○○○お客様相談室 宛
○○○○には、該当社名をご記入ください。

Powered by i-ask

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ