[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

お酒

ソフトドリンク

目的・内容別

Q 容器に書いてある三角や丸いマークは何ですか?

A

消費者がゴミを出す時の分別を容易にし、市町村の分別収集を促進する事を目的とした識別マークです。
「資源有効利用促進法」に基づいて、飲料用のスチール缶やアルミ缶と飲料・酒類・しょうゆ用のペットボトル、プラスチック製容器包装と 紙容器包装への表示が義務化されております。

資源有効利用促進法とは?

  • 「資源有効利用促進法」は、大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会から循環型の社会を形成する為に必要な、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みを総合的に推進する為の法律です。〔2001年4月に施行〕
  • 「3R」とは、1.リデュース(Reduce)廃棄物の発生を抑制、2.リユース(Reuse)再使用、3.リサイクル(Recycle)再資源化の頭文字をとった言葉です。

記載方法

資源有効利用促進法に基づいた、アルミ缶の識別マーク

【(社)食品容器環境美化協会】

資源有効利用促進法に基づいた、スチール缶の識別マーク

【(社)食品容器環境美化協会】

資源有効利用促進法に基づいたペットボトルの識別マーク

【PETボトルリサイクル推進協議会】
清涼飲料・しょうゆ・酒類・乳飲料のペットボトルに表示。
注:識別マークのうち『1』の数字がペットボトルを表します(1:ポリエチレンテレフタレート)。

資源有効利用促進法に基づいたプラスチック製商品の識別マーク

【プラスチック容器包装リサイクル推進協議会】
清涼飲料・しょうゆ・酒類・乳飲料のペットボトル以外に表示。

資源有効利用促進法に基づいた紙製容器包装の識別マーク

【紙製容器包装リサイクル推進協議会】
紙が全体の50%以上を占める場合に表示。紙・プラスチック・アルミからなる複合材でも、紙の比率が50%以上であれば表示可能。

自主的に表示している識別マーク

業界団体で自主的に表示している識別マーク

【飲料用紙容器リサイクル協議会(全国牛乳容器環境協議会)】
紙容器でアルミを使用していない容器に表示。

業界団体で自主的に表示している識別マーク

【日本ガラスびん協会】
リターナブルガラスびんに表示。
注:ガラスびんについては識別表示は不要とされています。

業界団体で自主的に表示している識別マーク

【全国森林組合連合会】
産地を明確にできる国産の間伐材を使用した場合に表示。
注:マークを使用するには、使用認定の申請が必要となる。

分別収集の方法

マークが付いているペットボトルは、キャップを外して容器の中をすすいだ後、つぶしてラベルを剥がし、回収・リサイクルへお出しください。(詳しくは、お住まいの自治体の分別方法に合わせてください。)また、その他の缶製品や紙製品についても、中をすすいだ後にお住まいの自治体の分別方法に合わせてお出しください。

  • PETとは、「ポリエチレン テレフタレート:Polyethylene terephthalate」という素材で作られており、この頭文字からPET(ペット)と言われています。
  • ペットボトルは回収後に色々な形で再利用されますが、万一焼却された場合でも、ペットボトルを構成している元素が炭素、酸素、水素の3つである為、燃焼させれば、 炭酸ガスと水になり有害なガスなどが出る事はありません。
  • ペットボトルのラベルは、充填・キャッピング後筒型のフィルムを被せ、熱収縮して ボトルの形に仕上げます。リサイクルの工程では、主に比重の違いを利用してペットボトル素材と、 他のキャップやラベルのプラスチック素材とに分離させる事が可能です。
    従って、全ての材質をPET(ペット)素材で統一しないとリサイクルができないと言った事がございません。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたでしょうか?

こちらのフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません。回答をご希望の方は、キリングループお問合わせ一覧よりお問合わせをお願いいたします。

  • 250文字以内でご入力後、送信ボタンを押してください。

キリングループお問い合わせ一覧

  • 電話お問い合わせ先一覧
  • メールお問い合わせ先一覧

キリングループお問い合わせ一覧 キリングループお問い合わせ一覧

受付時間
9:00~17:00 (土日祝日除く)

ビール・発泡酒・新ジャンル・チューハイ・ウイスキーなどに関するお問い合わせ

キリンビールお客様相談室
フリーダイアル 0120-111-560
お問い合わせ
フォーム

ワイン・梅酒・焼酎などに
関するお問い合わせ

メルシャンお客様相談室
フリーダイアル 0120-676-757
お問い合わせ
フォーム

ソフトドリンクに
関するお問い合わせ

キリンビバレッジお客様相談室
フリーダイアル 0120-595-955
お問い合わせ
フォーム

企業活動に
関するお問い合わせ

キリンホールディングス
お客様相談室
フリーダイアル 0120-770-502
お問い合わせ
フォーム
  • お客様からいただきましたお電話は、内容を正確にうけたまわるため、録音させていただいております。
  • 内容を正確にうけたまわるため、お客様に電話番号の通知をお願いしております。電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。

お手紙でのお問い合わせ

〒164­-0001 
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
○○○○お客様相談室 宛
○○○○には、該当社名をご記入ください。

Powered by i-ask

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ